1分間の演説で心を掴む「フランク・ルーズベルトの話術」

スポンサーリンク

まずは、フランク・ルーズベルト大統領について少し話したいと思います。

フランク・ルーズベルトは第二次世界大戦時のアメリカ🇺🇸大統領でアメリカ合衆国の経済をどん底から回復させたとして知られています。

そんな人物の話術を紹介したいと思います。

                           ①自信がある人の話し方

声が大きく、休止時間が短い、そして、スピーチ速度が速いのが特徴です。

確信を持っている人は、熱心で力強く、活発で、有能で、支配的で、自信があると評価されます。そのため熱意を込めて話すことが大切になります。

特徴的な自信や確信に満ち溢れた演説は、いやが上にもルーズベルトの人気を高めたに違いないと言われています。

     ②説得力のある話し方をするための心がけ

自信を持って話すことがやはり大切です。そのために、日頃から多方面にわたる知識を十分に身につけておくこと、いろんなトラブルの原因をよく理解しておくことなどが大切になってくるでしょう。

このような話し方をする人は、熱心で自信のある有能な人間だと見なされます。大きくて、はっきりした声で、滑らかに話すことを心がけてみてください。



                                          「実践テク」

400字詰の原稿用紙一枚分を1分強で読む練習をすると、説得力のあるスピーチ速度を掴めるそうです。比喩を用いるとさらに説得力は増すので例えをうまく使ってください。

以上、簡単にですがフランクルーズベルト大統領の話術を紹介しました。大統領などの演説は様々な人の多くのテクニックが存在します。実際に1つ1つ試したいって自分に合うものを身につけていくことが大切になってくると思います。なので、自分に合った話し方を磨いていってください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい