野菜が食べられるようになったは老化現象

スポンサーリンク

子供は酸っぱいものや苦いものを嫌いますよね。実は、特に子供の頃は体に入れてはいけないのものがあるのです。

腐ったものや毒物は腐ったものは酸っぱく、毒物は苦いものが多いです。そのため子供は酸っぱい物や苦いものを嫌うのです。しかし、大人になるにつれ味蕾の数がどうしても減っていってしまうのです。それが20歳から始まり70歳で成人の半分にまでなると言われています。つまり、その味蕾が減ることで酸っぱさや苦味を感じにくくなり野菜や酸っぱいものが食べれるようになるのです。

ゴーヤ、ミョウガとかです。ミョウガはうまいよね😋

スポンサーリンク

あわせて読みたい