運動直後のお風呂はダイエット効果を減少させる

スポンサーリンク

ダイエットのため運動した後は汗を洗い流すためにお風呂に入りますよね。実はそれもったいないですよ。という話です。

筋肉を温めすぎると痩せなくなる!?

専門の医師によると、

リパーゼと言う脂肪を分解する酵素が大きく関係しているそう。

ダイエットに重要なのが筋肉に含まれるリパーゼの働き

このリパーゼは脂肪燃焼させる働きがあるが、温度が大変重要です。

平常時の筋肉の温度は37度ほどです。


運動をすると

筋肉の温度が39度になるとリパーゼが活性化し脂肪燃焼を始めます。

しかし、

筋肉の温度が40度を超えるとリパーゼの働きは鈍くなるのです。

それにより、脂肪の燃焼が低下してしまうのです。

運動後の30分間も筋肉が温まっていて脂肪の燃焼を継続してくれるにもかかわらずお風呂に入ってしまうと筋肉を温め過ぎてしまうため、リパーゼの働きを鈍くし、せっかくの脂肪燃焼効果を妨げてしまうのです。

ちなみに、

ぬるま湯でも筋肉が温まるので入浴は避けた方が良いです。

しかし、運動後は汗を流したいですよね。そんな時は、シャワーなら筋肉まで暖まらないので大丈夫だそうです。

また、厚着で運動する方もいますよね。

実は、これも筋肉を温めすぎてしまうのでダイエット効果が減少します。

運動した後は上着を脱いで体を温めすぎないようにすることで脂肪燃焼効果を高めることができます。

ということでした。

ダイエットのために運動をする方は運動後の30分以降に入るようにすることがおすすめですね。

ぜひ意識してみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい