賢く見せる3つの話し方

スポンサーリンク

賢く見せる話し方大まかに言うと以下の3つです。他にもジェスチャーや入り方などありますが話し方でまず大切になるのがこれです。

 
                  スピード

                                                                                                    早くて伝わりやすく話す人は自信に満ち溢れているように見える  そうです。

理想的は、1分間に140〜160単語と言われています。このスピードはちょうどオーディオブックと同じ速さだそうです。なので、一度聞いて見るといいかもしれませんね。

ちょっとしたテクニック

多くのアナウンサーの方がやっている方法でもあり、効果覿面だと思います。

本番前に早口言葉

色んなスピード、高さ、強さで音読してみる

前置詞を意識しながら音読する

「だから」や「そして」などをしっかり発音して話してみる

      間を繋ぐ言葉を使わない

「え〜」や「そう」、「え〜と」などをなるべく使わないこと。

使いすぎると周りから自信のなさが見透かされ評価が下がる。その結果、説得力も落ち話に飽きられてしまう可能性が高くなるのです。

だから、極力使わないようにすることをお勧めします。また、発表をするときは何回か練習してから本番に臨んでください。その際に本当に話すべき内容かそうでないかを見極め話すべきことを絞ると話がまとまり聞き手にも書きやすいプレゼンになるでしょう。僕も一度練習してから望んでみたのですが明らかに最初に比べスムーズに話せるようになりました。

録音するのもいい手ですよ!

自分の話し方を客観的に感じれるし、自分の話し方がこんなにも変だったことに気づきますから、ぜひ一度やって見てください。

また、沈黙もうまく使ってください。

             声の強弱と高さ

高い声だと子供っぽく聞こえてしまい自信がないように聞こえてしまうそうです。逆に低ければ重厚感のあるように聞こえる為説得力がますそうです。

しかし、あまり低すぎても聞き取りにくいのでそこは友人や先生に聞いてもらってアドバイスを受けるといいと思います。

就活では見た目も大切ですがそれ以上に話し方を結構見られているそうです。ですので話し方、声などを意識して練習し、自然にできるようになるといいですね。

僕もYoutube やプレゼンの準備などを利用して身につけていこうと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい