蚊に刺されても痒くならない方法

スポンサーリンク

蚊に刺されたらつい痒くなって掻いてしまいますよね。掻けば掻くほど赤く腫れて来てしまいますよね。しかし、痒くならないようにするその場でできる方法があるのです。

そもそも、蚊が人から血を吸うのはメスの蚊が産卵のために栄養を補給するために行う行為なのです。吸血する蚊は大抵メスしかいません。普段は花の蜜を吸ったりもしています。では、なぜ痒くなるのでしょう?それは、蚊が吸血する時に唾液が体内に入ってくるからなのです。その中には麻酔物質、消化液、血液凝固抑制剤なども含まれており、蚊に刺されてから2、3分は麻酔物質により麻痺しているため、その後に痒みが出てくるのです。



ところで痒みを抑える方法を紹介します。どうやら空気が関係しているみたく、刺された部分と空気を触れさせなければ痒みが和らぐそうです。なので、蚊に刺されて痒くて気になる時は刺された部分を指で抑える。それだけで痒みが治るそうです。ちなみに、心理的な方法あります。テーブルに鏡を横に立てそれを挟むように両手を置きます。刺されていない方が鏡に映るようにします。しばらく鏡を見ていると眼と頭の錯覚で鏡に映っている手がもう片方の手のように感じてしまい蚊に刺されていないように錯覚するのです。

もし、蚊に刺されて痒くて気になるって時は刺された部分を指で押さえてみてはいかがでしょうか。僕も今度試してみようかな。

スポンサーリンク

あわせて読みたい