若く見せる撮り方に歌舞伎の技術が利用できる!?

スポンサーリンク



歌舞伎界で若く見えるや老けて見えるようにする技術があります。

実は、

手の位置がグッと上がっているときとダランと下がっているとき、人間にとって若く見えたり老けて見えたりするのです。

つまり、若く見せたかったら手の位置をあげてとったほうがいいのです。

なぜかというと、

肩甲骨と背骨をつなげる筋肉、菱形筋(ひし形筋)があるのですが、これがどうしても歳をとるとダランと下がってきてしまうのです。

そのせいで、歳をとるほど手の位置が低くなるため手の位置が低いと普段より老けて見えてしまうのです。またその逆もしかりです。

ぜひ試しに両パターンで撮って見比べて見てください。

スポンサーリンク