自転車を盗まれないようにする方法

スポンサーリンク

自転車を盗まれたことのある方は多いと思います。僕もその1人です。

最近は鍵をかけてある自転車でもチェーンを切って盗む人たちが増えています。鍵をかけて盗まれるなら対策しようがないじゃん!と思う方もいると思います。いやいやいや、盗まれないようにする方法はあります。絶対とはいきませんが、盗まれる確率はかなり減らせます。ですのでやってみてください。

まず自転車の鍵は2つ用意してください。もともとついている鍵とは別に1つ用意してください。(番号で開けれるものがいいです)その際の注意点があります。

それは、

・なるべく太いものを選ぶこと

・短いものを

・u字型がおすすめです。

太ければ、チェーンを切るための道具の挟む部分にチェーンがはまらなくなります。



そして、短いものを使うことで、切る手間がかかるようになります。

ここでもう1つ

チェーンは自転車と、その近くの枠の棒に付けてください。これで自転車ごと取られる心配がなくなります。

そして、自転車登録するためのシールを必ず貼ることです。お店では貼らなくていいと言うお店もありますが貼っておくだけでもかなり防犯対策になります。 

置く場所にもポイントがあります。監視カメラの目の前になるべく置くようにしてください。意外と監視カメラに映っていなかったということがあるので。

自転車は自分で守らないと、盗まれたら帰ってこないことも多いので気をつけましょう!


スポンサーリンク

あわせて読みたい