科学的 じゃんけん必勝法✊✌️🖐

スポンサーリンク

まずはこの動画を見てください。

まずは以上の動画をまとめたいと思います。

初心者はグーを出しやすい
→緊張している時は力が入りやすく、グーを出しやすくなります。

何も考えれない状況とかで有効です。





例えば

グーの手を出すよ!と言うと
相手が勝手に自滅しやすいです。
その言葉を言ってからなるべく間を空けずにじゃんけんをするようにしてください。間を開けると相手に考える時間を与えてしまうので、無意識に出させるために必要です。

                          メンタリズムを駆使する

さりげなく相手に出させたいジャンケンの形を見せておくことです。

相手の潜在意識に刷り込ますというテクニックです。

さらに、左手でじゃんけんさせることで無意識に出させやすくします。

最初は👊グーの掛け声の時はチョキを出したほうがいい

人は強調されたものなどを避けたがる傾向があります。そのため、最初はグー✊と言った場合、手を変えたくなるのです。

じゃんけん上級者は✌️を出しやすい

上級者と言っても何を出すか考える人です。直感タイプではなく理論派タイプの人に有効とか…

つまり、

そうゆう人にはグー✊を出せば負けにくくなるということです。



相手が緊張してるかなど見極めることが大切ですね。




女性は手を変えにくいかも

女性は手を変えていいと言われても変えない人が多いのです。浮気を許さないと言うのも女性がよく言いますよね。つまり、手を変えにくいということです。

相手が緊張してない時はチョキがいいかも

ジャンケンの猛者いわく
相手が意気込んでいる時は自然と力が入りグーを出しやすくなるそうです。
・相手にやる気が感じられない時は力が抜けて自然とパーになりやすい

自然にさりげなく、最初はグーと始めると✊を出す人が多いそうです。

カッコつけたがる人は1番目立つチョキを出す傾向があるとか…

                     もう一つ研究結果を紹介します

ある大学の研究グループがじゃんけんをする人の心理状態を研究しました。

360人の学生を6つのグループに分け合計300回じゃんけんをしてもらいました。

本気でジャンケンしてもらうために勝者には賞金を与えました。

すると、ある共通点が見つかりました。

1回目のジャンケンで負けたプレイヤーは2回目のジャンケンでは1回目で相手に勝てたはずの手を出す傾向があるということが分かりました。

つまり、仮に自分が✊で負けたら次に自分は✌️を出しやすいということです。

最後に



            あいこになった時に使える技を紹介します。

あいこの時は違う手を出しやすい


あいこの時はあいこに負ける手を出せ!

あいこになった時は手を変える人が多いそうです。

疑い深い相手に有効な必勝法です。

『2回連続の罠』の法則

というのを紹介します。

人は2回連続で同じ手を出した場合、3回目の手は同じになることはほとんどないというものです。

つまり、2回あいこになった時はその手に負ける手を次に出すと負けにくくなるということですね。



スポンサーリンク

あわせて読みたい