意外と知らないチラシ活用術

スポンサーリンク

チラシは毎日届きますよね。しかし、チラシの色がカラーとモノクロで使い分けている人は少ないはず。僕もチラシの色に、安く買える意味合いがあることは知りませんでした。さらに、チラシを見て買いに行くタイミングが大切だったということも初めて知りました。そこで、今回はチラシをどのように見て、一番安くて買うにはチラシをどう使えばいいのかを紹介します。


                タイミング

天気が変動した(雨、台風)日は安くなる!

台風で畑が荒らされ野菜が高くなる時ってありますよね。そんな時こそ、チラシを見て買いに行くべし!

チラシは、大抵二週間前に発行しています。そのため、急な変動(台風など)があってもそのチラシ通りの値段で売らなければならないのです。また、雨の日はスーパーなどのお店は来客数が少なくなります。その結果、魚やお肉、野菜などをお店側からすると売り切りたいので必然的に値引きするのです。




平日のチラシのほうが安いものがたくさん載っている!


平日のチラシ→個人向け

休日のチラシ→ファミリー向け

チラシにはこの2つの種類が存在します。

個人向けは(平日)は普段使う食材のセールや割引が休日に比べて多くなっているのです。

ファミリー向けは

休日になると家族でスーパーに来るお客さんが多いのでその人たち向けのチラシがどうしても多くなるのです。

高級なお肉やお寿司、うなぎなどがよく売られるため、チラシにはそれらをアピールするように大きく載っています。その分、普段の食材のセールは載っていなかったりします。

カラーチラシと単色チラシがありますが、単色チラシの方が安く買える!?

単色チラシは

①印刷に費用をかけない分、食品の値段を下げることができます。

②単色は目立たない

そのため、本当にお得なものが厳選されて大きく載りやすい。

この2つの理由で安くなります。

                     結論

『平日で雨の日にモノクロチラシを見て買いに行くと1番お得に買える!』

ぜひ皆さん活用してみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい