太陽の光が長寿をもたらす

スポンサーリンク

太陽光の紫外線を浴びるとシミや皮膚ガンになると言われていますが、逆に当たらない人のほうが体に悪いかもしれません

2008年頃に日本の瀬戸内海で大規模な調査が行われました。

結果から言うと

太陽の光を浴びていれば浴びているおばあちゃんほど長寿だということがわかったそうです。

この研究は世界的にも認められているもので信憑性は高いと思います。

昔は皮膚科の先生も太陽にあたると皮膚がんやシミになりやすいから避けるべきと言っていましたが今では、むしろ積極的に当たったほうがいいと言う先生も増えています。

そして、

最低1日15分は太陽の光を浴びていなければ体に良くないと言われています。

だから、日には当たらな過ぎも良くなく、女性の人は特に意識してみてはいかがでしょうか。



また、

人は紫外線を浴びると快感刺激であるβインドルフィンという物質が出ます。

なぜこのような物質を出すかと言うと進化的に紫外線を浴びたくなるように体がなっていると言う説が有力であると言われています。

ぜひ日を避けずに当たってみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい