自分に必要なこと

スポンサーリンク

の中で僕に必要なことを書きました。僕だけでなくこの記事を読んでくださっている読者にもきっと自分に必要なことがなにか必ずあると思います。

ぜひ自分の人生と照らし合わせながら読んでみてください。

内容

・「働くこと」について考える

・「経験」の本質 

・やりがいとは考え方次第

・チャンスを掴めるか

・ネガティブ情報をいれるな!

働くこと」について考える

f:id:jiroyu:20180820203329j:image

どこで働き、誰と働き、どんな仕事を、どう働くのか。そもそも人はなぜ働くのか。このままの働き方を続けていてもいいのか。

経験の本質

f:id:jiroyu:20180820203417j:image

経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていく

小さな成功体験を積み重ねる👉モチベーションを上げる!

チャンスを掴めるか!

f:id:jiroyu:20180820203736j:image

目の前に流れてきたチャンスに躊躇なく飛びつくことができるかが人生の分かれ道である。

衝動を大切にすること。

別件」…おすすめ!

TEDでも紹介されていたメルロビンズさんが提唱する「やる気が出ない時に、5秒だけで行動できる様になる方法

f:id:jiroyu:20180820203850j:image

これは本当におすすめ!

これを意識するだけで日頃の行動が劇的に変わります!ちなみに僕は変わりました。

やりがいとは考え方次第(なにを意識して取り組むか次第)

f:id:jiroyu:20180820203936j:image

アルバイトも学べることはたくさんある

介護だとしたら、上体を起こすコツや会話テク、バリカンテクなど自分では気づかないようなことを学べる。

だから、イベントバイトのようなものも一通りやってしまえば、あるものが無くなり時間の無駄になっているのかもしれない。

そこにやりがいが生まれる

つまり、覚えることがなくなったら。

仮に教師だとしても、どうすれば伝わりやすくできるか、クラスでトップをとらせるには、クラスを一丸となってイベントに取り組むには、など工夫や仕事への没頭がやりがいや仕事の楽しさ成長を与えてくれる。

ネガティブ情報をいれるな!

f:id:jiroyu:20180820204040j:image

仕事でも勉強でも、あるいは恋愛であっても、人は「できない理由」から先に考えると、どんどんネガティヴになっていく

つまり!

できる理由から考えることそして、ネガティブな情報を入れずモチベーションを下げないこと。

感想

いくつになっても「あの頃はよかった」とは口にしない。心から「いま」がいちばん楽しいと言えるように生きていく。

この言葉は今の自分に1番グッときた言葉です。中学の時の思い出をつい考えてしまう。あの時は良かったなぁ〜など僕にとって1番充実していた頃を考えてしまう。そんな自分が嫌になるのです。このことから抜け出すには暇な時間を減らす、そしてその頃以上の充実した体験を仲間とすること。思い出は忘れなくていいから今を大切に生きろ!そのことだけは常に大切にしている。こんなことを書いたのは自分への決意表明でもあるのです。だから、必ずあの頃以上にいやあの頃はあの頃今の環境、時間があるからこその楽しさ、充実さがある。だから、僕は今を生きます!

最後に

どうしても記事を書いているとつい色々考えてしまう。でも、それも大切で自分のこれからを見つめ直すきっかけにもなっています。読者の皆さんは飛ばして読んでくださっても構いません。ですが、最後の文は僕自身の考えなので共感してくださる方がいたら嬉しいです。

ご愛読ありがとうございました。

スポンサーリンク

あわせて読みたい