古い傘を劇的に復活させる方法

スポンサーリンク

方法は実に簡単です!

ドライヤーの温風が水を弾かなくなった傘を復活させるのです。

布製の傘には分子レベルの薄いは水膜が施されていて雨などの水滴がついた場合水滴が丸くなってよく弾くようになっているのです。

それにより、水は表面張力で丸くなり生地には染み込まないようになるのです。

この撥水加工は長年使用すると分子の並びがだれてしまい(崩れてしまい)水が染み込みやすくなってきてしまうのです。

ドライヤーで熱を加えるだけでバラバラだった分子がまっすぐに並び撥水効果が復活するそうです。

これによって、新品同様の傘のような水の弾きを作ることができるのです。


スポンサーリンク

あわせて読みたい