ラクにかまくらを作る方法

スポンサーリンク

 

雪が積もるとやっぱり鎌倉を作って見たくなりますよね。今回紹介する方法はぜひ子供がいる方に試してほしい方法です。

 

▶︎方法

かまくらを作るための雪を集める前に行うべきことがあります。それが、ダンボールなどの大きな空箱を集めることです。ダンボールを集めたら、それを一度組み立てます。そして、下の図のようにいくつか重ねていきます。

この数によってかまくらの中を掘る時のらくさが変わって来ます。そのあと、ダンボールを覆うように雪で囲んでいきます。ダンボールが見えないくらいしっかり覆うことができたらその状態で2、3時間放置します。これにより雪同士が固まり全体が頑丈になっていきます。最後に枝を数本用意して同じ深さで枝を刺していきます。これで準備が完了しました。あとは入り口を作り、中のダンボールを外に出せばほとんど掘る必要なくかまくらに穴を開けることができるのです。そして、刺した枝が見えてくるくらいまで中から外に向かって掘っていくと均等の厚さのかまくらが完成です!

 

通常のやり方は掘るのに時間が意外とかかり体力も相当使います(僕の経験上)。なので穴を掘らない分、早く、楽にバランスのとれたかまくらを作ることができるのです。かまくらを作る時に思い出してやってみてください。ダンボールを中から取り出した時のスッキリ感に感動するでしょう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい