ビールの注ぎ方を極めて年商2400万円になった名人に学ぶ

スポンサーリンク

ビール注ぎの達人 重富さんが長年かけて習得した注ぎ方を公開します。

                  のどごしを存分に味わえる一度注ぎ

実は泡とビールを1番美味しく感じられるといわれている黄金比があります。

それは、泡とビールの割合が3:7の比率でそがれることです。

一度注ぎは、その比率に沿ってサーバーで一気に注いでいく方法です。

勢いよく作られた荒い泡が中で弾け爽快感をかもし出します。

                                              よりおいしく飲む姿勢

お風呂上がりの牛乳を飲む姿勢で飲むとより爽快感を味わえます。

滝のように喉に入ってくるそうです。

ビールの泡は苦味と炭酸からできています。

泡立たせることでビールの苦味が泡に吸収され苦味で隠れていた本来の甘みと旨みを引き出すことができるのです。飲みやすくなるのです。

                             ビールの甘さを引き出す三度注ぎ

これは、注ぎ口からコップを離しビールを落下させて、かなり泡だてて注ぐ方法です。

苦味と炭酸を泡に変えていきます。

1度目は泡で満帆になりますが、泡とビールが1:1になるまで待ち、なったらさらにビールを注ぎ、もう一度待ちます。そして、最後に3:7になるくらいまで注ぐと完成です。

これは、苦味が苦手な人にオススメな方法だそうです。

炭酸が弱いので甘みが違います。

一度注ぎと三度注ぎでは味が全く違ってくるそうです。

この注ぎ方を一度見るために本店に行く人が後を絶たないそうです。

                        缶ビールの10倍おいしくする注ぎ方

グラスは実は中の表面が凸凹しているのです。

そのため普通にビールを注ぐと、えぐみが増してしまいます。それを防ぐためにあらかじめグラスに水を入れておき、ビールを注ぐ時に水を捨てます。

キリッと爽快→冷たいグラス

旨味と甘み→常温のグラス

グラスを冷蔵庫に入れるのは実はあまりよくないのです。冷蔵庫の中の匂いが付きさらに、キンキンに冷やしすぎるとビールを注いだ時にいた部が凍ってしまいえぐみが出るのです。

                                        喉越しを楽しむキリッとタイプ



グラスを持たずにコップから少し離した高さから真下に入れ3分の1まで泡だてます。

この最初の泡で炭酸と香りを封じ込めます。

そしてグラスを斜めに持ち静かにビールを注いでいきます。

普通に冷やして飲むのと全然違うそうです。

                                     甘くて口当たりのあるマイルドタイプ

三度注ぎで作ったビールの味を缶ビールで作る注ぎ方です。

最初低いところから徐々に高くしていき、注いでいきます。だいたいグラスの3倍の高さあたりまであげます。

泡が溢れないぐらいまで入れます。

そして、泡とビールが1:1になったところで再びグラスいっぱいにビールを同じように注ぎます。

最後は近くで泡がコップからリーゼントのようにはみ出るくらい真上から入れていきます。

苦味と炭酸が好きな方は缶ビールをそのまま飲むことがおすすめです。

この方法は少しコツがいるので何度か試して習得していってください。


スポンサーリンク

あわせて読みたい