ストレスを減らし、気持ちよくさせ、興奮させる「買わせる法」

スポンサーリンク
  • f:id:jiroyu:20180902063305p:image

 

友達といるとストレスフリーに!

f:id:jiroyu:20180902063420j:image

人に合わせると、単独行動するよりも強靭な気持ちになり、自身も持てます。

→だから、ストレスや不安を軽減し、消費意欲を強めると同時に、安心感からリスクの高い意思決定につながりやすい👉正しいことをしているという確信が強まるのです。

友達と買い物に行くとリスクを恐れないようになるから大きな買い物もしやすいってことですな。

スムーズに理解すれば真実に!

意思決定を大きく左右するものは真実かどうかの判断に強く影響します。人はスムーズに理解できれば見慣れた文章だと推論し、よく知っているものは正しいと結びつけます。つまり、スムーズに理解できればそれが正しいとして肯定的に評価するのです。

本当のことと思わせたいんだったら、難しい言葉は使わず、理解しやすいよう説明すればいいってことですね。

あとこれも、

脳はできるだけエネルギーを使わないようにするため、見慣れない印象を与えたり、読みにくい字体を使ったりすると、無意識に消費者の評価が下がってしまいます。

さっきと同様、分かりやすい見慣れた例えを使って説明しようってことですね。

買い物は楽しさを演出する

f:id:jiroyu:20180902081708j:image

人は楽しく遊んでいるとき、買い物をする気分になる傾向が強いみたいです。

→「ディズニーランドが夢のファンタジックな世界にいるような気分にさせ」「だまされて、買わなければならない気分になり、それも遊びだと信じ込まされる」

確かにディズニーとか旅行に行くと、ついいらない木刀とか買っちゃいましたね。

興奮を誘う広告に注意!

f:id:jiroyu:20180902050617j:image

わずかな性的興奮でも男性の衝動的な買いが増え、合理的な判断ができない可能性が高くなります。

ちなみに、色っぽく迫る女性は、男性には「自分に自信があるんだ」と思われるそうです。

まぁそうですよね。

男性は特に気をつけないとですね。

割引は麻薬並みの興奮をもたらす

どうしても欲しいと思っているファッションアイテムを割引で購入できるという期待感は、宝くじの当選やコカインの吸入にも匹敵する興奮状態を生みます。

買い物客に「作業」を与える

例→見つけた時の興奮が大きくなれば、商品の魅力が強まる

希少性を作り出す

商品をめぐる競争の激しさに比例して、「手に入れたい」という願望が強まる。

買い物だけでも、人はものすごく興奮してるんですね。あたしンちのバーゲンのシーンが浮かびますわ(笑)

スポンサーリンク

あわせて読みたい