いびきの危険性と対処法

スポンサーリンク

幼少期からいびきをかいている子供は将来、問題を起こす可能性が高いというのがわかっています。いびきをかくと脳の神経細胞が死滅していきます。それにより、将来的に認知症のリスクが高かまるのです。

いびきをかいている人は寝ているときに急に息が止まることがあります。そんな時は注意が必要です!睡眠の無呼吸時は血圧が200mmHgを超えることもあるのです。最悪それは蜘蛛膜下出血も起こすこともあるのです。

           『いびき対策術』

今はいびきを直してくれるまくらもあります。横向きに寝た方が気道が確保でき、いびきを出さずに寝ることができます。(うつぶせも)

心理的観点からの対処法、自分のコンプレックスである(今回はいびき)を友達や周囲の人に宣言することで睡眠の質を上げることができます。これは、周りに公言することで気にしなくなりリラックスして眠ることができるようになるということです。これはいびきだけに限らずコンプレックスや緊張した時にも、その時の気持ちなどを口に出すことで同じ効果が得られます。

ちなみに、不安感を解消することで歯ぎしりも良くなります。大声で歌ったり、小鳥がチュンチュンしているところを見たりしても同様の効果が得られるそうです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい